機械の独り言

robo37.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 06日

ジンクス

相方とダーツをするときは、いつもゲームする前にすでに戦いが始まっています。
お互い、遊びといえども負けるのは絶対嫌!という性分なので、かなり必死です。
その戦いとは、どちらがダーツに誘うか、なんです。

ダーツ自体、最初は相方の方から誘ってきました。
その時すでに相方はマイダーツを持っていて、そこそこ場数を踏んでたようなので、
かなり勝つ気満々に誘ってきたのを覚えています。ひどい女です。
自分は、ダーツってそんなに楽しいの?という感じで嫌々とは言わずともそんなに乗り気でなかったような気がします。

結果は自分の圧倒的な勝利。
そうとう凹んでいた相方が印象的でした。
それから、回を重ねるごとにある法則が分かってきました。

誘った方が負ける!

そんなわけで毎回、会ってダーツをしたいなと思っても迂闊にダーツしよう!とは言えません。
どうする~?何しようかぁ?などと言いつつダーツを投げるそぶりをお互いにしつつも、
決してダーツをしようとは自分からは言わない。いかに相手に言わせるか、から勝負はすでに始まっているのです。

先週はメールで相方が、ダーソしよう、という奇策に走りましたがあえなく撃沈。
そして昨日夜に会い、今度は自分がダ・ダー(ゴニョゴニョしようと、若干どもりつつ語尾をぼかしつつ、誘ってやってみましたが・・・

結果は、やはりというか惨敗。

次は絶対自分から誘わないぞ!
なんとも嫌なジンクスです。
[PR]

by robo37 | 2005-02-06 06:37 | Game


<< きみに読む物語      港の見える丘公園 >>